ペットが抱える問題を速やかに治療する

健康を考える

シャンプー選びで工夫すると良い事とは

犬は犬種によって皮膚の構造が異なるため、犬種に合わせた毛の手入れが必要となるので、シャンプーは慎重に見極める必要があります。シャンプー選びで工夫すると良い事とは、成分が犬の皮膚に合う事と、泡切れが素早く実現できるかという事です。 犬は短毛もいれば長毛もいるので毛や皮膚の特徴に合わせてシャンプーを選びますが、中には皮膚が弱い犬種もいるため、初めて使用する製品は必ず皮膚テストを行います。皮膚テストでアレルギー反応が無い場合は使用しても問題が無いですが、赤みや腫れが見られた場合は避けた方が無難です。また泡切れが早く無いと皮膚にいつまでもシャンプーの成分が残ってしまい、深刻な皮膚トラブルの原因となります。

現在販売が強化されている製品とは

ドッグフードの品質向上や医療機関の充実により、犬は昔より長寿になっているため、健やかにハツラツと過ごすための製品がたくさん販売されています。その一つがシャンプーであり、年齢により衰える毛の艶やハリを蘇らせたり、皮膚を健康に保つための成分が配合されています。 毛の艶やハリは加齢により少しずつ失っていくのですが、シャンプーによりそれを取り戻す事も可能であり、使用する事で若々しくなります。また肌表面に直接効果が期待できるように、ヒアルロン酸やプラセンタ成分が配合された製品も現在販売されています。皮膚の新陳代謝を促進させ新細胞を活性化させることで、老廃物の除去や不要な物質を取り除き、美容効果も期待できます。